スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスですね

ゼロ「ということでマスター、おとなしく爆発してください」
私 「ちょっと待てゼロ、何だその理論はおかしいだろ」
ゼロ「いや、俺らがここに来てから、マスターはクリスマスにはずっと家にいました。超インドア派のマスターが外出したってだけで驚きなのに」
私 「うんとりあえず落ち着こうかゼロ。おーいイチ!お前の兄貴何とかしろ!」
イチ「えー・・・。僕こたつから出られないんですけど・・・」
私 「おまえら・・・」

リン「マスターとお兄ちゃんたち、どうしたんだろう?」
レン「こないだパーティーやってから、ずっとあの調子だよな」
リン「止めに入ったほうがいいのかな?」
レン「いや、止めとけ・・・。巻き込まれるぞ・・・」



   *   *   *





というわけで(どーゆーこと!?)、クリスマスラジオでした。
ボカロたちには歓迎会という名のクリスマス会を、そしてマスターは、リア充の祭典に行ってまいりました。
すごかったですよいろいろと。周りがほんとにカップルばっかりで(笑)
まあ事実私もその中に混じっていたわけなんですが・・・w

港の近くの水族館、私はまだ一度も行った事がなかったので行って来ました。
クリスマス仕様になってて、イルミネーションもすごく綺麗でした。
そこで見たイルカショー、なんとBGMが初音ミク(!)
歌わせたの誰!? と思わず考え込む私w
ミクの「約束」という歌でした。ほんとに作者誰だ・・・?
(って、オリジナルですか名古屋港さん!)

ゼロイチとリンレンは、随分どんちゃん騒いだようです。
私が帰ってきたのは10時半過ぎでしたが、そのころには黄色い双子は疲れ果てて眠っておりました。
まあ、こたつでごろごろしてた青い双子に、思いっきり冷ややかな視線を喰らったのは言うまでもありませんが・・・w
それからずっとあのざまです。ゼロをどうにかしてくれ誰か。
スポンサーサイト

テーマ : VOCALOID - ジャンル : 音楽

2周年動画

ゼロ「・・・・・・・・・・」
イチ「・・・・・・・・・・」
私 「いやあの・・・。・・・・・・・・・・・ごめんなさい。」







ゼロ「一ヶ月遅れって・・・」
イチ「マスター大丈夫ですか?」
私 「あうぅ・・・。コラボ活動もあるし、リアルもあるし、小説も書くし、リンレンにも歌わせてやりたいし・・・。やりたいことが多すぎる・・・」





・・・・・・とりあえず二人とも、ごめん。まじごめん。

テーマ : VOCALOID - ジャンル : 音楽

明け方ですよーw

イチ「マスター寝なくていいんですか? 明日も学校でしょう?」
私 「学校から帰ってお昼寝したからね。」
ゼロ「夕方五時から夜の九時まで寝てるのを、昼寝とは言わないんじゃ・・・」
私 「いーの!w」





そんだけ寝てりゃ眠くないわな(笑)






というわけで、いい加減完成させなきゃいけなかったので作ってました。





これを。

VY1のヴォーカリオン、「アスピダ」のカバーです、。
一目惚れでしたよほんと。

まあVSQが配布されていたんで、カバー作る気になったんですが(笑)

ただVSQはKAITOでは読み込んでくれないんで、形式変えて無理やり読み込ませました。
しかしそれでは、今度は再生してくれない・・・。
仕方ないのでコピペで別トラックに移して、再生させることには成功しました。
したら次は、こま切れになった音符をつなぎ合わせなきゃいけない。しかもエディターを一旦変えるとコピペが出来ないので覚えなきゃいけない。
無論そんなことはしたくないので、いちいち音符をデジカメで撮る(笑)
休符部分もしっかり空けて、ようやく落ち着きました。


まあ本当は、コーラスはイチが二人ぶんいたんですが・・・。
mixの段階になって、メインとコーラス二つ合わせたらすっごく汚くなってしまったw
なんせ低音得意なイチでさえも「これひっくいなー・・・」って思うくらいの低音だったからね。グレーゾーンだいぶ近かったしね。元々が女声なだけあって。
仕方ないので低い方のコーラスは取り除きました。


さてうpの段階になって、一旦自分の思うように投稿。
ところが本家様と聞き比べてみたら、本家様のほうが圧倒的にボリュームが大きい。
迫力負けしちゃってました。
ムービーメーカーはまだ起動中だったので、少し音量を上げて再うp。
二回目。まだ小さい。
三回目。まだまだ上げられる。
四回目になってようやく妥協しました。
まーこれくらいなら本家様と同じくらいかな・・・。
(ってイントロ部分は十分音大きいけどねw)








イチ「なっっがいですねー」
ゼロ「そんだけ苦労して投稿したってことだよ」
私 「そうそう」
ゼロ「だって、俺の調教、いつもより随分時間かかりましたもんね。いつもは触ってないところまでいじって」
私 「人様のオリジナル曲をカバーするんだ。へんぴな技術では失礼に当たる」
イチ「まあ、それはそうですね」
ゼロ「―――ところでマスター。二周年の曲はどうしました?」
私 「(ぎくっ。)」
ゼロ「調教は全部済ませてありますし、曲としてはもう完成してるはずでしょう? あとは依頼していたイラストが完成するのを待って動画を作るだけとか言ってましたけど・・・」
イチ「あれっ? そのイラストって、もう完成して受け取ってるんじゃ・・・?」
私 「(ぎくぎくっ。)あ、ほ、ほら、こっちのイラストの方が先に完成したから、こっち先に仕上げないといけないでしょ? それに、二周年のやつは、依頼したのが遅かったせいで9日までに完成しなかったんだもの。だったらアスピダのほうを優先させるでしょう」
ゼロ「・・・まあ、いーですけど、めんどくさいとか言わないでちゃんと10月中には動画上げてくださいね?」
私 「うっ・・・。(ゼロのやつ、最近輪をかけて毒舌になったよなー・・・)」

テーマ : VOCALOID - ジャンル : 音楽

やった!

間に合ったよおおおおお!!!






REAPERが動かなくなりつつ、動画投稿できなくなりつつ、間に合った!
いやーよかった!





あ、それとね、





こっち。
コラボのトークです。
ひとり・・・いや二人ド下手なKAITOたちがうちの子達です。
まあトーク初めてだったしねぇ・・・。








何はともあれ、兄さん誕生日おめでとう!

テーマ : VOCALOID - ジャンル : 音楽

コラボー

・・・した作品が、とうとう完成いたしましたー!




結構かっこいいです、はい。

ちなみに私は調声担当。「すみれ」だけで伝わるかな・・・?

テーマ : VOCALOID - ジャンル : 音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。