スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょおおおおおおおお

私 「だあああああああもおおおおおおおおお!!!」
イチ「えっ、ちょ・・・どうしたんですか?」
ゼロ「・・・・あー、ごめんイチ兄、今ちょっとマスター荒れてるから、」
私 「これで荒れずにいられっかってのおおおおおおおお」
イチ「わわっ、と、とりあえず事情を話してくださいよっ」
私 「・・・あーわかった。」

 叫んで、とりあえずは落ち着いたらしいマスターだった。が、やはり腹の底は煮え切らないらしく、むすっとしたまま。

イチ「・・・・で、どうしたんです?」
私 「・・・・・・・・私がここにあげてた例のコスプレ写真、友達に見られた。」
イチ「―――え、」
私 「しかも3人! 全員男! そのうち1人先輩!」
イチ「・・・・・・・はぁ、」
私 「残り2人のうち、一人はあんま意味分かってなさそうだったけど、もう1人はッ、あいつにだけは見られたくなかったのに・・・! どういう経緯でかたどり着きやがった・・・!」
ゼロ「・・・マスター、もういいですってば。例の記事、下げます?」
私 「・・・・・・どうしよっかな。ていうか、これもそいつらに見られそうな気がするよ・・・」
ゼロ「あぁ、それはありそうですね・・・」
イチ「―――事情は分かりましたけど、なんでここがバレたんですか? ニコ動のマイリストから、リンク繋いでませんよね?」
私 「うん、マイリスからは繋いでない。でもmixiのプロフィールには乗せてた。」
イチ「はっ?」
私 「1人にバレてから消したよ。だから、残り2人は知らないはずなの。なのにどういうわけか・・・っ!」
イチ「・・・・まあ、とりあえず、ひとつハッキリしましたね」
私 「うん?」

イチ「mixiに乗せたアンタが悪いんでしょう」

私 「さーせん・・・・」
イチ「マスターの学校、情報網ハンパないんでしたよね? そんなとこでURL乗せたら、あっという間に広がって当然じゃないですか。音楽系の専門学校とか、マスターが行きたがってた物書き育成コースのある学校じゃないんですから、少しは自重してください」
ゼロ「い、イチ兄、もうやめてあげようよ・・・」
私 「ごめん、もうしない。自重しる・・・」
イチ「わかったならいいです。
   ―――まあでも、ここが荒れてないってことは、ただ見てるだけって事ですかね・・・」
私 「それでいいよもう。下手にコメントされても私が困る」
イチ「まあ、そうですね」
私 「もしコメントあったら・・・コメ消去しようかな・・・」
ゼロ「・・・それはそれでかわいそうな気が・・・;;」






事実です。
部活後に言われますた。
見るな・・・ここは見るな・・・。
スポンサーサイト

テーマ : VOCALOID - ジャンル : 音楽

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。