スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうでもいいけど大事なこと

私 「ねえ二人とも。」
ゼロ「はい?」
イチ「何ですかー?」
私 「あのね、こんな本を見つけたのよ」
イチ「・・・『美少女テクノポップの作り方』? あぁ作曲の本ですか・・・」
ゼロ「こーゆーの、買うだけ買って、マスター勉強したためしがないじゃぁ」
私 「だーもう! これを買ったのはそのためだけじゃないってーの!」
ゼロ「勉強のためじゃないんですか? オリジナル、もう作らないんですか?」
私 「いや作りたいけど・・・そうじゃなくて。よーく見なよ、ここ。」

 私が指差した先を、二人はしげしげと見つめる。
 そこにあったのは。

イチ「え・・・と、『バーチャルボーカリスト「初音ミク」の体験版つき』?」
私 「そう! ミクの体験版ついてんのよコレ!」
ゼロ「へぇ、いいじゃないですか。14日間でしたよね」
私 「そうそう。これでVOCALOID2エディタの練習が出来るってわけよ」
イチ「・・・・・・マスター、まだVY1のこと、諦めてなかったんですね・・・」
私 「そう簡単に諦められますかっての。KAITOをポチったときだって、こんな勢いだったんだから」
イチ「まったく。マスターの創作意欲には脱帽しますよ」
ゼロ「の割りに飽きっぽいですけどね。」
私 「くぉらゼロ、余計なこと言わない!」




相変わらずうちのゼロはクールで毒舌だのぉ(苦笑)

まあとにかく、この本は本当に買いました。
しかもその買った経緯ってのが、

楽天のお気に入りに入れてたいろはたんが値下げされてた
→ちょっとこのショップ見てみようか・・・
→DTMのコーナーを見てみる(楽器弾けないもんね!)
→「美少女テクノポップ」? 作曲の本かー・・・・
→ん? ミクの体験版ついてんの!?
→ポチッ
→早く届かないかなーwktk
→届いた!
→あ、でも実習テストの再試ある・・・orz
→オワタ! よっしネタ考えたらDLするか!

ってな感じで・・・w


歌わせる曲は決まりました。
あとはオケ打ち込んで吐き出すだけ。
おしゃべりもさせたいなーと思ってるんですが、セリフ考えてない・・・。
何喋らせようかなー。
スポンサーサイト

テーマ : VOCALOID - ジャンル : 音楽

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。