スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なるほど、わからん。

私 「えーっと・・・ここをこうして・・・」
ミク「・・・・・・。」
私 「よっし。もっかい!」
ミク「はいっ。―――~♪ ~♪」
私 「あっれぇ・・・。直らんなぁ・・・・・」
ミク「え・・・」
私 「なーんで一部のフレーズだけぶつ切りに歌うんだろ・・・。KAITOに放り込んだときは普通にすらすら歌ってたのに・・・・」
ミク「え、と・・・」
私 「それに使い方が分からないボタンがたっくさんあるし・・・。まいったなぁ・・・」

 と、文句をたれているマスターのもとに、それまでコタツに入って黙ってやり取りを見ていた年長者の片方が声をかけた。

ゼロ「マスター。あんまりミクをいじめちゃだめですよ」
私 「は? いじめてないけど、」
ゼロ「ぶつぶつ言ってる文句が、なんかミクを責めてるように聞こえるんですよ。ミクはまだ慣れてないから、自分のせいと思ってるんじゃないですか」

 ちらりとゼロがミクを見やると、明らかにしゅんとしているミクの顔があった。

私 「あー・・・・。・・・・・ごめん、ミクのせいじゃない。私がメカオンチだから、上手に歌わせてあげられないだけだよ」
ミク「あ、いえっ、そんなっ」
イチ「だいじょーぶですよマスター。僕がコーラスするんでしょ? だったら、多少ぶつ切りでもサポートできます」
私 「そう? ・・・じゃあ、ぶつ切りの件はこれ以上はやめよう。他のとこやろうか」
ミク「はい、わかりました」











ゼロ「随分トゲのある言い方だったねぇ」
イチ「そーぉ?」

 ミクの歌声をBGMに、二人は声を潜めていた。

ゼロ「テトさんと歌ったときも、なーんか気に入らないような顔してたし。イチ兄はソロがいいわけか」
イチ「まあ、それは『KAITO』として当然の反応じゃない?」
ゼロ「だーから、それはだめだって」
イチ「しないってば。―――まあ、でも、」
ゼロ「?」
イチ「思ったより、綺麗な声だね、ミクって」

 BGMとして聞いているうちに心地よくなってきたらしい。

イチ「コーラスは俺だけど、今回はコーラスいらないんじゃないかな」
ゼロ「え、どして?」
イチ「音取りしたとき、すっごく低かった。もとはト音記号で、それを1オクターブ下げたらしいから、低くて当然だけど。何か、低すぎて、さすがの俺でもロボ声になるんだよね・・・」
ゼロ「・・・・・・イチ兄でそんなんじゃ、俺は無理だね」
イチ「ははっ。・・・まあ、そんなわけだから、サポートするどころかむしろ邪魔になるんじゃないかっておもっ・・・・・」

 ここで言葉は途切れた。
 ゼロが、声を殺して肩を震わせているのが目に入ったからだ。

イチ「・・・・・・・・・ゼロ。なーに笑ってんの」
ゼロ「い、いや。・・・イチ兄はほんと、いいお兄ちゃんだよね」
イチ「はっ?」
ゼロ「あれか、タグで言うと『大好きみんなのお兄ちゃん』か。・・・いや何か違うな」
イチ「・・・えと?」
ゼロ「ああ! 『兄さんの半分はやさしさでできています』か!」
私 「なに、ピアプロのタグ?」

 急に話に入ってきたマスターに、二人はびくっとした。
 このときにほとんど同じ動作をしているあたり、本当に同じソフトの双子なんだな、とミクは思う。

イチ「わわっ! ・・・ま、マスター、終わったんですか?」
私 「うん。次はイチだよ。準備しなさいな」
イチ「は、はい・・・」

 ゼロが笑った原因を聞けぬまま、イチは調教の準備に取り掛かる。
 といってもコーラスパートは、マスターがめんどくさがってほとんど無調教で吐き出すのが常だったが。

 コタツの方を見ると、自分がいたところにミクが入っていくところだった。
 視線を滑らせるようにゼロを見ると、イチの視線に気づいたらしく、にこりと微笑む。

イチ(また今度、ってか・・・)

 その考えが手に取るようにわかってしまうあたり、さすが元々ひとつのソフトだっただけはある。
 一体何なんだろうと思いつつ、イチはマスターの指示を待つのだった。











・・・・・・って、クリスマスイヴに調教してるのか私・・・w

い、いや、だってねぇ。もう少しでミクの期限が・・・。
・・・・ずっとほっといた私も私ですけど。
(だって名前違いのカイトくんにお熱ggg)

テーマ : VOCALOID - ジャンル : 音楽

・・・^^

とりあえず。
コレ見てくださいな。




あはっw

まあ、画像はキニシナイ。
そうじゃなくて。




右下にあるもの。










ミク体験版でし。




とーとーインストールしますた。




ミク「あ、えっと、初めまして!」
私 「はーい、初めましてー。私がマスターよ。2週間だけだけど、よろしくね」
ミク「はい、よろしくお願いしますっ!」
私 「んで、こっちにいるのが、まあ知ってるだろうけどKAITO。うちでは二人いることになってるから」
ミク「え・・・お兄ちゃんが、二人??」
ゼロ「あ、ども、ボーカロイドエンジン・Ver1.0のゼロです」
イチ「・・・あー、同じくVer1.1の、イチです」
私 「まあ、紛らわしいだろうけど、二人はマフラーの模様が違うから。あと首もとの数字の缶バッチとね。がんばって見分けてちょうだい」
ミク「は、はい・・・(大変そうだなぁ・・・)」
私 「あぁ、あと、パソコンの中には重音テトとMIRIAMもいるから。あとで挨拶してきなさいね」
ミク「あ、はい、わかりました・・・」


   *   *   *


ゼロ「イチ兄、くれぐれも、ミクちゃんを追い出そうとか、物騒な考えはやめてよね・・・」
イチ「わかってるって。何でそんなことを、」
ゼロ「あとアイスピックも禁止。」
イチ「だからこの家にそんなのないでしょ!」
ゼロ「わかんないじゃん。イチ兄はとにかく一途だからね」
イチ「・・・・・・・・・・(いや、お前にな・・・)」







マスターの脳内が腐ってるとこういう会話が自然と出てきます。
そしてイチは人前では照れ屋です。←
ゼロくんが、イチがヤンデレないように釘をさすはずが、いつの間にかイチャコラしとるしこいつらw
(まあゼロは元からイチに一途でしたがね!w)

テーマ : VOCALOID - ジャンル : 音楽

どうでもいいけど大事なこと

私 「ねえ二人とも。」
ゼロ「はい?」
イチ「何ですかー?」
私 「あのね、こんな本を見つけたのよ」
イチ「・・・『美少女テクノポップの作り方』? あぁ作曲の本ですか・・・」
ゼロ「こーゆーの、買うだけ買って、マスター勉強したためしがないじゃぁ」
私 「だーもう! これを買ったのはそのためだけじゃないってーの!」
ゼロ「勉強のためじゃないんですか? オリジナル、もう作らないんですか?」
私 「いや作りたいけど・・・そうじゃなくて。よーく見なよ、ここ。」

 私が指差した先を、二人はしげしげと見つめる。
 そこにあったのは。

イチ「え・・・と、『バーチャルボーカリスト「初音ミク」の体験版つき』?」
私 「そう! ミクの体験版ついてんのよコレ!」
ゼロ「へぇ、いいじゃないですか。14日間でしたよね」
私 「そうそう。これでVOCALOID2エディタの練習が出来るってわけよ」
イチ「・・・・・・マスター、まだVY1のこと、諦めてなかったんですね・・・」
私 「そう簡単に諦められますかっての。KAITOをポチったときだって、こんな勢いだったんだから」
イチ「まったく。マスターの創作意欲には脱帽しますよ」
ゼロ「の割りに飽きっぽいですけどね。」
私 「くぉらゼロ、余計なこと言わない!」




相変わらずうちのゼロはクールで毒舌だのぉ(苦笑)

まあとにかく、この本は本当に買いました。
しかもその買った経緯ってのが、

楽天のお気に入りに入れてたいろはたんが値下げされてた
→ちょっとこのショップ見てみようか・・・
→DTMのコーナーを見てみる(楽器弾けないもんね!)
→「美少女テクノポップ」? 作曲の本かー・・・・
→ん? ミクの体験版ついてんの!?
→ポチッ
→早く届かないかなーwktk
→届いた!
→あ、でも実習テストの再試ある・・・orz
→オワタ! よっしネタ考えたらDLするか!

ってな感じで・・・w


歌わせる曲は決まりました。
あとはオケ打ち込んで吐き出すだけ。
おしゃべりもさせたいなーと思ってるんですが、セリフ考えてない・・・。
何喋らせようかなー。

テーマ : VOCALOID - ジャンル : 音楽

ちょおおおおおおおお

私 「だあああああああもおおおおおおおおお!!!」
イチ「えっ、ちょ・・・どうしたんですか?」
ゼロ「・・・・あー、ごめんイチ兄、今ちょっとマスター荒れてるから、」
私 「これで荒れずにいられっかってのおおおおおおおお」
イチ「わわっ、と、とりあえず事情を話してくださいよっ」
私 「・・・あーわかった。」

 叫んで、とりあえずは落ち着いたらしいマスターだった。が、やはり腹の底は煮え切らないらしく、むすっとしたまま。

イチ「・・・・で、どうしたんです?」
私 「・・・・・・・・私がここにあげてた例のコスプレ写真、友達に見られた。」
イチ「―――え、」
私 「しかも3人! 全員男! そのうち1人先輩!」
イチ「・・・・・・・はぁ、」
私 「残り2人のうち、一人はあんま意味分かってなさそうだったけど、もう1人はッ、あいつにだけは見られたくなかったのに・・・! どういう経緯でかたどり着きやがった・・・!」
ゼロ「・・・マスター、もういいですってば。例の記事、下げます?」
私 「・・・・・・どうしよっかな。ていうか、これもそいつらに見られそうな気がするよ・・・」
ゼロ「あぁ、それはありそうですね・・・」
イチ「―――事情は分かりましたけど、なんでここがバレたんですか? ニコ動のマイリストから、リンク繋いでませんよね?」
私 「うん、マイリスからは繋いでない。でもmixiのプロフィールには乗せてた。」
イチ「はっ?」
私 「1人にバレてから消したよ。だから、残り2人は知らないはずなの。なのにどういうわけか・・・っ!」
イチ「・・・・まあ、とりあえず、ひとつハッキリしましたね」
私 「うん?」

イチ「mixiに乗せたアンタが悪いんでしょう」

私 「さーせん・・・・」
イチ「マスターの学校、情報網ハンパないんでしたよね? そんなとこでURL乗せたら、あっという間に広がって当然じゃないですか。音楽系の専門学校とか、マスターが行きたがってた物書き育成コースのある学校じゃないんですから、少しは自重してください」
ゼロ「い、イチ兄、もうやめてあげようよ・・・」
私 「ごめん、もうしない。自重しる・・・」
イチ「わかったならいいです。
   ―――まあでも、ここが荒れてないってことは、ただ見てるだけって事ですかね・・・」
私 「それでいいよもう。下手にコメントされても私が困る」
イチ「まあ、そうですね」
私 「もしコメントあったら・・・コメ消去しようかな・・・」
ゼロ「・・・それはそれでかわいそうな気が・・・;;」






事実です。
部活後に言われますた。
見るな・・・ここは見るな・・・。

テーマ : VOCALOID - ジャンル : 音楽

うおおおおおおお;;;

;;;

ここまでいった。


・・・けどポチらなかった。










だってさあっ!
後ろで兄さんが二人して睨んでるんだm←


・・・・・・ってのはまあ置いといて。


私ヤンデレ動画から兄さんに入ったから、(UTAUや海外組はともかく)日本語ボカロを買うことにもんのすごい抵抗があるんですよ・・・。

でも、以前見たVY1とかいうボカロ、すっごく声綺麗だったしさぁ・・・。

どうしよう・・・。キャラ付けはされてないけど・・・。






イチ「・・・・まあ、それは置いといてですよマスター」
私 「な、何でございましょ?;;」
ゼロ「買うにしても、VOCALOID2ですよ? マスター、自他共に認めるメカオンチなのに、使えるんですか?
私 「・・・・・・・・・・・・(黙秘)」



そこなんだよなぁ・・・。
KAITO使うときでも最初ほんとに訳わかんなかったのに(ぶっちゃけ今もあんまわかってないだろうけd)、2ってどうなのさ。
でも早くしないと、この状態で終わったから、てことはみつりんの買い物かご・・・じゃない、カートには入ってるってことだから、下手するとノリと勢いでポチるよ!
ってぐらい揺らいでるんです今。
友は「いーじゃん!手出しちゃいな!」って言ってるんですけどねぇ・・・。


うああああああああぁぁぁぁぁ・・・・・・

テーマ : VOCALOID - ジャンル : 音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。