スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2周年動画

ゼロ「・・・・・・・・・・」
イチ「・・・・・・・・・・」
私 「いやあの・・・。・・・・・・・・・・・ごめんなさい。」







ゼロ「一ヶ月遅れって・・・」
イチ「マスター大丈夫ですか?」
私 「あうぅ・・・。コラボ活動もあるし、リアルもあるし、小説も書くし、リンレンにも歌わせてやりたいし・・・。やりたいことが多すぎる・・・」





・・・・・・とりあえず二人とも、ごめん。まじごめん。

テーマ : VOCALOID - ジャンル : 音楽

そういや・・・

私 「言うの忘れてたが・・・」
イチ「はい?」
私 「我が家にもう一組、双子が増えた。」
イチ「もう一組の双子・・・?」
ゼロ「・・・・双子、ってまさか、」
私 「まあ、双子って言ったら普通こっちだわな」

ふたご。

リン「こんにちわー! はじめまして、リンでーす!」
レン「・・・は、はじめまして、レンです」
私 「はーい、こんにちは^^」
ゼロ「・・・・・・やっぱし」
イチ「うっわ! びっくりしたー・・・。そうか、双子ってリンレンのことだったんですね」
私 「うん、まあ、自分らが『バージョン違いの双子』状態だから、一瞬わかんなかったのはわかるけど、」
リン「って、えぇ!? ほんとだ、かい兄が二人いる・・・!」
レン「えっ・・・な、なんで?」
私 「なんていうかね、一応こいつらも、うちでは双子扱いなのよ。だから双子同士、仲良くしてやってね」
ゼロ「わかりました。それにしてもマスター、最初の方針から随分方向転換してますね」
私 「そうなのよねー・・・。まあ最初にボカロにはまったきっかけは、確かにリンの歌だったけども」
リン「そうなんですか!? わーい、嬉しいですー!」
私 「私も、リンに会えて嬉しいわ。勿論レンにも。これからよろしくね。」
レン「・・・はい、よろしくお願いしますっ」


   *   *   *


ゼロ「・・・・・・イチ兄? どしたの?」
イチ「い、いや、別に・・・」
ゼロ「だめだからね、ヤンデレちゃ」
イチ「しないって! 第一、MIZKIさんが来た時点でそれに関してはもう大丈夫だから!」
ゼロ「ふーん? じゃあどうしたの?」
イチ「いや・・・なんつーか、その・・・」
イチ(俺、ミクの方が来て欲しかった、かも・・・)











はい、我が家に黄色い双子がやってきました。
しかも、

またw

わかりますか?
また0円です。

よくやりますよ、これ。
ポイント貯めまくって、0円でボカロを買う。
これやると爽快感ありますよーw

まあ、たっかい金出してボカロ2(というかKAITO以外のボカロ?)買えるかっ、というのが半分本音w
VY1は楽天では売ってなかったので普通にお金出しましたが、MIRIAMとリンレンは0円です。


・・・ポイント貯めるまでに相当お金使ってるってのはナイショw←

テーマ : VOCALOID - ジャンル : 音楽

明け方ですよーw

イチ「マスター寝なくていいんですか? 明日も学校でしょう?」
私 「学校から帰ってお昼寝したからね。」
ゼロ「夕方五時から夜の九時まで寝てるのを、昼寝とは言わないんじゃ・・・」
私 「いーの!w」





そんだけ寝てりゃ眠くないわな(笑)






というわけで、いい加減完成させなきゃいけなかったので作ってました。





これを。

VY1のヴォーカリオン、「アスピダ」のカバーです、。
一目惚れでしたよほんと。

まあVSQが配布されていたんで、カバー作る気になったんですが(笑)

ただVSQはKAITOでは読み込んでくれないんで、形式変えて無理やり読み込ませました。
しかしそれでは、今度は再生してくれない・・・。
仕方ないのでコピペで別トラックに移して、再生させることには成功しました。
したら次は、こま切れになった音符をつなぎ合わせなきゃいけない。しかもエディターを一旦変えるとコピペが出来ないので覚えなきゃいけない。
無論そんなことはしたくないので、いちいち音符をデジカメで撮る(笑)
休符部分もしっかり空けて、ようやく落ち着きました。


まあ本当は、コーラスはイチが二人ぶんいたんですが・・・。
mixの段階になって、メインとコーラス二つ合わせたらすっごく汚くなってしまったw
なんせ低音得意なイチでさえも「これひっくいなー・・・」って思うくらいの低音だったからね。グレーゾーンだいぶ近かったしね。元々が女声なだけあって。
仕方ないので低い方のコーラスは取り除きました。


さてうpの段階になって、一旦自分の思うように投稿。
ところが本家様と聞き比べてみたら、本家様のほうが圧倒的にボリュームが大きい。
迫力負けしちゃってました。
ムービーメーカーはまだ起動中だったので、少し音量を上げて再うp。
二回目。まだ小さい。
三回目。まだまだ上げられる。
四回目になってようやく妥協しました。
まーこれくらいなら本家様と同じくらいかな・・・。
(ってイントロ部分は十分音大きいけどねw)








イチ「なっっがいですねー」
ゼロ「そんだけ苦労して投稿したってことだよ」
私 「そうそう」
ゼロ「だって、俺の調教、いつもより随分時間かかりましたもんね。いつもは触ってないところまでいじって」
私 「人様のオリジナル曲をカバーするんだ。へんぴな技術では失礼に当たる」
イチ「まあ、それはそうですね」
ゼロ「―――ところでマスター。二周年の曲はどうしました?」
私 「(ぎくっ。)」
ゼロ「調教は全部済ませてありますし、曲としてはもう完成してるはずでしょう? あとは依頼していたイラストが完成するのを待って動画を作るだけとか言ってましたけど・・・」
イチ「あれっ? そのイラストって、もう完成して受け取ってるんじゃ・・・?」
私 「(ぎくぎくっ。)あ、ほ、ほら、こっちのイラストの方が先に完成したから、こっち先に仕上げないといけないでしょ? それに、二周年のやつは、依頼したのが遅かったせいで9日までに完成しなかったんだもの。だったらアスピダのほうを優先させるでしょう」
ゼロ「・・・まあ、いーですけど、めんどくさいとか言わないでちゃんと10月中には動画上げてくださいね?」
私 「うっ・・・。(ゼロのやつ、最近輪をかけて毒舌になったよなー・・・)」

テーマ : VOCALOID - ジャンル : 音楽

ちょっとまてw

ピアプロで、気になる記事を見つけました。

VOCALOID民族曲特集CD、みたいなのが出るそうです。


なんと、ミクリンレンAppendだけでなく、まだ未発売のKAITO Appendや、未発表のルカAppendまで使った曲を収録してるそうです。


ちなみに有名どころのアレンジでした。
パネディリアのyanagiさんアレンジや、千年の独奏歌アペンドバージョンとかでした。

すでにサイトで視聴できるらしく、聞いてきましたよアペンド。






・・・・・・何なんだあれは。

完璧おとーさんじゃないのさ!!

いやいやいや、あれKAITOっぽくないよ。デモソングのときから思ってたけど、風雅おとーさんの声そのままですね。
風雅なおとさんがカバーした独奏歌とそっくりでした。

・・・てことは、親子デュエットは楽しいことになりそうだなw

テーマ : VOCALOID - ジャンル : 音楽

さてと

もうすぐ二周年ですね。
早いもんです。

私は、2周年記念動画の耳コピを今やっているところです。
最近は便利なもので、ボカロの楽譜って検索すれば出てくるんですね。
ダブルラリアットとか、耳コピめんどくさいなーって思ってたのに、普通に楽譜ありましたもん。
びっくりです。


ですが、私が歌わせたいやつは何処を捜しても無くって。
仕方が無いので、

つべに投稿されてた「弾いてみた」動画の右手部分を見つめる

そこから音階だけ採譜

テンポをはかり、音の長さは自分で頑張ろう!

っていうことをやってるわけです。
いや、案外これでいけますよ。
最初の音さえ分かれば、あとは何度もその曲を聞いてれば、だいたいこんなもんか、でいけます。
耳コピってのも結構いいもんですね。





あ、そうそう。
長年のネックだったVY1ですが。

インストール成功しました。


VY1画面

Macで。

crossoverを買って(5000円ちょいだった)、放り込んだわけですよ。
何とかなりました。
まあシーケンサー上で日本語入力すると文字化けしてしまうので、ローマ字入力(しかも使い慣れてないヘボン式・・・)してますがw
ほんとに不備といえばそのくらいなので、満足ですよ。

・・・あ、あと保存したファイルが何処に行ったかわからないってのも不備かな・・・w
だってCドライブって表示されてるけど、ドコだよそれw


どうやら、うちのVY1たんには、クロスオーバーのマークの髪飾りがついていそうです。
他にもボカロ2買いたいなーって思ってるので、その子たちにもクロスオーバーの飾り(ブローチとかネックレスとか)つけようかな。
一発で我が家の子たちだってわかりますねw

テーマ : VOCALOID - ジャンル : 音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。